FC2ブログ

宇宙食が藻類に?

Posted by moonrainbow on 08.2018 ニュース   2 comments   0 trackback
スピルリナが将来のタンパク源を支えるかも

宇宙食

バイオベンチャーのちとせ研究所は、JAXAの募集する「穀物に頼らないコンパクトなタンパク質生産システム」に「藻」を用いた研究開発を提案、その内容が採択されました

国際宇宙ステーションでの生活や将来的な月・火星の長期滞在では、宇宙飛行士の作業量や使用するリソースを最小限、かつ低コストで生産できる高い栄養素をもつ食料が求められています。そこでJAXAでは、近い将来の月面長期滞在を支えることのできる、地上の最先端技術を活用したコンパクトなタンパク質生産システムの提案を募集しました

ちとせ研究所は、高タンパク質にもかかわらず省スペース省エネルギーで高い生産性を持つ藻類「スピルリナ」を用いた食料の研究を提案。ちとせグループの保有する微生物や藻類などの微細な生き物を大量に培養する技術を活かし、月面長期滞在時のタンパク質生産システムを実現するといいます

また、既存の農地と競合することなく栽培することができ、様々な分野に技術応用が可能なことから今後の地球上のタンパク質供給のシステムとして期待されます

Image Credit:ちとせグループ

2018/9/26
Soraeより

こんばんは!
スピルリナが宇宙空間、あるいは月面で食料源として生産され始めるとして、飛行機が1万メートルの高度で飛行中、コックピット内の被曝量は原子炉内にいるに等しいとパイロットから聞いたことがありますが、被曝の問題が出てきますね。
放射線がそこまで無いとしても、長期間宇宙空間あるいは月面で食糧生産を行う場合の被曝による遺伝子損傷から生じる野菜や藻の「変化|異変」への対応はどうなるのかな、と気になります。
ヒトも影響を受ける訳で、被曝対策をどうするかが火星移住にしても問題になるはずです。世代を繋ぐには、子供が誕生しなければならない訳で、その際には遺伝子への損傷|影響をどう防ぐかが鍵になるような気がします。。。
2018.10.08 12:35 | URL | yokoblueplanet #- [edit]
yokoblueplanetさん

飛行機の被爆は特にCAさんには問題になると思います。
なりたい職業ではありますが、
僕は個人的にはあまりお勧め出来ないです。

今の月や火星に行くと話題にはなってきて嬉しいですが、
この被爆問題は解決しなくてならないと思います。
スペースX社ではロケットは開発は上手くいっていますが、
この問題は未だ未解決だと思います。
(NASAも含めて)

そういえば、映画「オデッセイ」ではジャガイモを栽培してましたが、
あれは、完全にアウトでしょうね。(笑)

この問題は、AIが解決してくれることを期待します!
2018.10.09 09:07 | URL | moonrainbow #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8853-17b11912

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード