FC2ブログ

連星「Swift J0243.6+6124」の伴星の中性子星

Posted by moonrainbow on 10.2018 宇宙   0 comments   0 trackback
理論上「ありえない星」見つかる:中性子星の強い磁場を突破するジェットを観測

定説を覆す発見
「定説を覆す発見」 ICRAR/University of Amsterdam

「定説を覆す発見」と驚きをもって報じられています

■ 強力な磁場を持つにもかかわらずジェットを放出する中性子星

地球から約2万4000光年離れたカシオペア座の中に位置する連星「Swift J0243.6+6124」の伴星である中性子星が、極めて強力な磁場を持つにもかかわらずジェットを放出していることが観測されました

従来の天文学では磁場の弱い中性子星からしかジェットは放出されないと考えられており、科学系メディアが「存在するはずのない星」「定説を覆す発見」と驚きをもって報じています

アムステルダム大学の研究者らによる論文が学術誌「ネイチャー」に掲載され、「ザ・カンバセーション」「サイエンス・アラート」などが報じますひた

Swift J0243.6+6124は、共通の重心のまわりを公転する主星と伴星からなる連星で、米航空宇宙局(NASA)の観測衛星「スウィフト」が2017年10月に発見しました。この伴星は、恒星が進化した最晩年の天体の一種である中性子星で、主に中性子でできています

■ 太陽より約1兆倍強い磁場を持つ

アムステルダム大の研究チームは、米ニューメキシコ州にあるカール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群から得た観測データを分析。この中性子星が太陽より約1兆倍強い磁場を持ちながら、周囲に形成された降着円盤(ガスと塵の集まり)の物質とエネルギーを両極からジェット状に噴き出していることを明らかにしました。これまでジェットの噴出が観測された中性子星は、Swift J0243.6+6124の中性子星に比べて磁場の強さが1000分の1以下だったという事です

研究者らは、中性子星の磁場とジェットに関する従来の定説を再考する必要があるかもしれない、と述べています

Система Sw J0243.6 + 6124



2018年9月28日
ニューズウィーク日本版より

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8857-71cfd715

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード