FC2ブログ

火星探査機「インサイト(InSight)」が火星着陸に成功

Posted by moonrainbow on 27.2018 火星   0 comments   0 trackback
NASAの火星探査機「インサイト(Insight)」が火星着陸に成功して初の画像送信して来ました

火星探査機「インサイト」
米航空宇宙局の無人火星探査機「インサイト」が火星着陸後に初めて撮影した画像。レンズに付着した粉塵が写っている(2018年11月26日公開)。

米航空宇宙局(NASA)は2018年11月26日、同局の無人火星探査機「インサイト(InSight)」が火星着陸に成功したと発表しました。同機は火星の地表から初めて撮影した画像を地球に送信しました

火星探査機「インサイト(InSight)」
火星に着陸イメージ

火星探査機「インサイト(InSight)」2
探査機の模型、着陸成功を祝うNASA職員ら

 NASAジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)の管制室では、担当者が「着陸を確認」と述べると、それまで緊迫した様子だった室内からは歓声が上がり、科学者らは席から飛び上がりハグを交わしました

 火星着陸後に行われた最初の通信からは、インサイトの状態は良好であることが示されています。インサイトは次に、太陽電池パネルの展開という重要な最終段階を成功させる必要があります。展開が計画通りに進んだかどうかは、米国時間の同日午後に判明する見通しです

 NASA探査機の火星着陸成功はこれが8回目です。インサイトは9億9300万ドル(約1130億円)を投じて開発され、設計から2018年5月の打ち上げ、そして今回の着陸までに7年近い年月が費やされました。探査の目的は地震活動の計測を通じた火星内部構造の把握で、これを通じて火星が数十億年前にどのように形成され、ひいては地球などの岩石惑星がいかにして誕生したのかを明らかにすることを目指しています

火星探査機「インサイト(InSight)」1
インサイトの観測イメージ

 NASA火星探査機の着陸は、2012年の無人探査車キュリオシティー(Curiosity)以来6年ぶりとなります。火星へ探査車や探査機、人工衛星を送り込む取り組みは、これまで世界各国の宇宙機関が計43回にわたり試みてきましたが、うち半分以上が失敗に終わっており、成功しているのはNASAのみです。NASAは2030年代の有人探査の実現に向けた準備として、無人探査に注力しています

Credit:NASA

What will NASA's InSight do on Mars?



2018年11月27日
AFPより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/8983-c071637b

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード