FC2ブログ

JAXAがNASAの月周回宇宙ステーション「ゲートウェー」計画に参加

Posted by moonrainbow on 14.2019 未分類   0 comments   0 trackback
月探査にJAXAは居住棟や補給船開発

月探査にJAXAは居住棟や補給船開発
月周回宇宙ステーション「ゲートウェー」の各国分担の概要(NASA提供)

 日米欧などが検討している月探査構想に、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、月を周回する宇宙ステーション「ゲートウェー」の居住棟と無人補給船の開発で参加する方針を固めました。実現すれば、国際宇宙ステーション(ISS)に次ぐ大型計画となります

【写真】月を周回する宇宙ステーション「ゲートウェー」のイメージ(NASA提供)

 月探査構想は米航空宇宙局(NASA)が主導。2028年にアポロ計画以来の月面有人着陸を目指します。月に存在する可能性がある水資源などを利用し、月面に長期滞在する計画で、国際協力による実現を掲げます。ISSの運営は24年以降は未定ですが、米トランプ政権は民間に任せる方針で、ISSへの直接予算を打ち切り、月探査に重点を置く考えです

 ゲートウェーは、地球や月面を結ぶほか、火星探査の中継点にも使うことを見込んでいます。22年から建設を始め、26年ごろに完成予定で、重さはISSの約6分の1の約70トン。4人が30日間滞在できます。ISSに参加する日米欧、ロシア、カナダで検討を進めており、2019年3月5日に開かれた会合でそれぞれの分担について合意しました

 日本は、船内の空気や水のリサイクルなど、ISSの実験棟「きぼう」の開発・運用で培った技術を生かし、居住棟を欧州と共同で開発します。これまでに7回の打ち上げに成功している無人補給船「こうのとり」(HTV)の後継となる開発中の「HTV―X」を使って物資の補給も担います。得意な技術力で存在感を示し、日本人飛行士の月面探査につなげたい考えです

Lunar Orbital Platform Gateway



2019年3月9日
朝日新聞デジタルより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/9193-01e21f62

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード