FC2ブログ

火星の地震「火震(marsquakes)」

Posted by moonrainbow on 13.2019 火星   0 comments   0 trackback
NASAは火星の地震「火震(marsquakes)」(の録音データ公開

火星の地震「火震(marsquakes)」(の録音データ公開
米航空宇宙局が火星に設置した地震計「SEIS」。NASA提供(撮影日不明)。

米航空宇宙局(NASA)は2019年10月1日、火星の地震活動、いわゆる「火震(marsquakes)」の音を捉えたデータを公開しました

 火震は、2018年12月に火星の表面に設置されたドーム型の地震計「SEIS」が探知したもので、2019年5月と7月にそれぞれ録音されました。火震では、低いゴーッという音がするものの、音そのものは非常に小さく、人間の耳では聞き取ることが難しいそうです。今回公開されたデータは、速度を上げ、ヘッドフォンで聞けるように加工しています。1回目の火震はマグニチュード3.7、2回目は同3.3でした。

 科学者らは、火星内部での地震波の伝わり方を探ることによって、火星の深い部分の内部構造が明らかになると期待しています。

 NASAのジェット推進研究所(JPL)は、「二つの音声は、火星の地殻が地球と月の地殻が混ざったようなものだということを示唆している」と説明し、「表面にクレーターがある火星では地震波が1分ほど続き、より月のようだと言えます。地球の地震は秒単位だ」と指摘しました。

 SEISはこれまでに約20回の火震を探知している。SEISは、NASAが2018年11月に火星に着陸させた無人探査機「インサイト(Insight)」によって設置されたもので、フランスの国立宇宙研究センター(CNES)などが開発しました。

 NASAは、

1回目の地震

2回目の地震

のデータをそれぞれインターネット上で公開しています


2019年10月2日
AFPより

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://earth38moon.blog115.fc2.com/tb.php/9657-0be6e466

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード