太陽系外縁天体2007 OR10に衛星

Posted by moonrainbow on 01.2017 太陽系   0 comments   0 trackback
大型の太陽系外縁天体2007 OR10に衛星

太陽系外縁天体2007 OR10
2007 OR10の衛星。2009年と2010年に観測(提供:NASA, ESA, C. Kiss (Konkoly Observatory), and J. Stansberry (STScI))

太陽系外縁天体として3番目に大きい2007 OR10に衛星が発見されました

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)による観測から、太陽系外縁天体2007 OR10に衛星が発見されました。2007 OR10の直径は約1500kmで、太陽系外縁天体としては冥王星、準惑星エリスに次ぐ3番目に大きな天体です。大きく歪んだ楕円軌道を公転しており、現在は地球から約132億km離れた位置にあります

典型的な太陽系外縁天体の自転周期は24時間未満と考えられていますが、2007 OR10の自転周期は約45時間と非常に遅く、その原因として衛星の影響が考えられていました。そこでHSTの過去の観測データを調べたところ、暗すぎるために見逃されていた衛星を発見することができたのです。しかし、衛星の軌道の決定には至っていないため、2007 OR10の自転速度の遅さが本当に衛星の影響なのかどうかは明らかになっていないのです

衛星の大きさはおよそ240kmから400kmと見積もられています。今回の発見により、現在知られている大型(直径1000km程度以上)の太陽系外縁天体のほとんどに衛星の存在が確認されたことになります

太陽系外縁部には天体が密集しているため、お互いに接近することもあります。大きい天体の影響で小さい天体の軌道が乱された結果、天体同士が高速で衝突すれば粉々になり低速なら衝突クレーターを形成するにとどまるが、衛星として残っているということは、速すぎも遅すぎもしなかったということです

「大型の太陽系外縁天体のほとんどに衛星が見つかったことから、こうした天体が形成された数十億年前には天体同士の衝突がより頻繁に起こっていたはずだと考えられ、衛星の形成モデルに制限を付けることになります」(ハンガリー・コンコリー天文台 Csaba Kissさん)

2017年5月22日
Astro Artsより

木星の渦巻く南極

Posted by moonrainbow on 30.2017 太陽系   0 comments   0 trackback
探査機「ジュノー」が撮影した木星の不気味に渦巻く南極 

美しく渦巻く南極側の画像

NASAの木星探査機「ジュノー」からのデータを利用して、民間の科学者がその美しく渦巻く南極側の画像を作成することに成功しました
 
同探査機にはカメラ「JunoCam」が搭載されており、53日周期で木星を周回しながら撮影を続けています。そして一般公開されたイメージを科学者のGabriel Fiset氏が加工し、その大気の様子を浮かび上がらせたのです。なお、撮影日は2016年12月11日、木星から約5万2200km上空から行われました
 
木星には強力な磁気圏が存在し、探査機による観測を妨げてきました。しかしジュノーは、現在初となる接近観測による画像の送信を続けています。またNASAによれば、その天候のパターンは「これまでどの太陽系のガス惑星でも観測でされてこなかった」ものなんだとか。あれだけ巨大なガス惑星ですから、これまで私達が知らなかったような現象が起きていても不思議ではありません
 
なお、NASAはJunoCamを利用して「どのような画像を撮影してほしい?」という投票を受け付けていました。最新のジュノーによる木星フライバイは5月19日となっており、さらに木星からの素晴らしい観測結果がもたらされることになりそうです
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Gabriel Fiset

Soraeより

準惑星「ケレス」

Posted by moonrainbow on 24.2017 太陽系   0 comments   0 trackback
オッカトル・クレーターもくっきり、ケレスの「衝増光」

ケレス。白い点のところがオッカトル・クレーター
ケレス。白い点のところがオッカトル・クレーター。リリース元のNASA/JPLでは動画が見られる(提供:NASA/JPL-Caltech/UCLA/MPS/DLR/IDA)

探査機「ドーン」が、正面から太陽に照らされる位置から準惑星「ケレス」を観測しました

NASAの探査機「ドーン」は2015年3月から準惑星「ケレス」の周回探査を行っています。2017年4月末、ドーンは太陽とケレスのちょうど間に入る位置に移動し、高度約2万kmからケレスを撮影しました。「オッカトル・クレーター」の中に見られる、ひときわ明るく白い輝点も明瞭にとらえられています

天体が観測者(この場合は探査機)を挟んで太陽と正反対にある、いわゆる「衝(しょう)」の状態にあるとき、天体はとくに明るく見えます。「衝増光(opposition surge)」と呼ばれる現象で、天体表面の粒子が作る影が全体として少なくなることが主因であり、見る角度が少し違うだけでも大きな明るさの変化となります。地上からの観測や過去のドーンの観測によってケレスでもこの現象が起こると予測されていたことから、探査機の軌道を調整してちょうどいい位置から観測が行われました

明るさの変化を詳しく分析すると、表面の粒子の大きさや穴の多さ(多孔性)に関する情報が得られます。ドーンによる2年以上にわたる観測で、ケレスの表面は他のどの太陽系内天体よりも様々な光の照射角度からとらえられており、今回のデータと合わせてケレス表面の特徴に関する新たな見識が次々に得られることが期待されます

2017年5月17日
Astro Artsより

土星北極の六角形

Posted by moonrainbow on 16.2017 太陽系   0 comments   0 trackback
カッシーニが撮影した土星北極の目のような六角形

北極側の六角形のジェット

土星で最後となるミッション「グランド・フィナーレ」を開始した探査機「カッシーニ」が、同惑星では著名な北極側の六角形のジェットを撮影
 
2017年1月22日に土星から90万キロ上空で撮影された、今回の画像。土星の六角形のジェットはその幅が約3万2000kmにも達し、時速320kmの高速ジェットが周回しています。1980年代にボイジャー計画によって発見されたこの現象は、季節の変化(太陽光)によって六角形の色が変化するという興味深い特性も知られているのです
 
NASAは公式声明にて、「太陽から土星までの距離は、地球までの距離の10倍。そして太陽光の強さは1/100にまで弱まります。それゆえにこのような色の変化が起こっても、温度の変化は少ないのです」と伝えています

Image Credit: NASA

2017/05/11
Soraeより

土星の輪の内側

Posted by moonrainbow on 11.2017 太陽系   2 comments   0 trackback
土星の輪の内側には何も無い広大な空間だった

img_d3476fd6d85b10d83500ab8e08c6ce0579016.jpg
土星とその最も内側の輪の間を通過しようとする米航空宇宙局の無人探査機カッシーニの想像図(2017年4月6日提供)。

米航空宇宙局(NASA)の無人探査機カッシーニ(Cassini)は、土星の輪の間への突入を2回終えたが、その広大な未踏の空間にはほぼなにもないことがNASAの研究者らによって明らかにされました

 NASAの研究者らは、これまでに土星の輪の間で宇宙塵(じん)すら見つかっていないことに驚いています。土星の輪そのものは氷片や岩のかけらなどで構成されており、高速で移動しています

 全長6.7メートルの探査機カッシーニは1997年に打ち上げられ、2004年に土星の周回軌道に入りました

 土星の大気圏の表面と土星の輪は約2400キロ離れています。カッシーニは土星の輪の間を計22回通過する予定で、その後は2017年9月に土星の大気圏に突入して燃え尽き、ミッションを終えることになっています

AFPより
2017年5月6日
 

プロフィール

moonrainbow

Author:moonrainbow
昔、"地球の旅人"の頃




服と鞄と雑貨の販売をしています

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード